話題

【不織布マスクNG】群馬県の音楽イベント「グローバルアーク2021」で主催者「半分ギャグでした」

masuku

「半分ギャグでした」

群馬県片品村の武尊牧場キャンプ場で開かれているダンス音楽の野外イベント「グローバルアーク2021」(8/27~29開催)

主催者が「不織布マスクはNG」とした点に、SNS上で批判や疑問の声が上がっています。

今回はSNSの声やなぜ「不織布マスクはNG」としたのかについて調べてみました。

「半分ギャグでした」発言の真相

主催者はホームページで、来場者に図柄付きなどの「おしゃれマスク」の着用を求め「不織布マスクはNG」と明記した。県などは材質によって感染防止の効果が異なるとして、ウレタンや布ではなく不織布製を着けるよう啓発しており、批判が集中した。

上毛新聞ホームページより引用

「グローバルアーク2021」開催の主催者によると、野外音楽イベントでのマスク着用率は低いとのこと。

そんな中で、デザイン性の高いオシャレなマスクならば、多くの人が身に着けてくれるのではと考え、「不織布マスクNG」と発言したそうです。

ちなみに…、マスクなしで来場した参加者には、巡回の係員が「不織布」マスクを配布していると説明しています。



「半分ギャグでした」に対するSNSの反応

この時期に「不織布マスクNG」とし、更に「半分ギャグ」とした主催者側に対し、批判的な意見が多くみられました。

こちらの音楽イベントですが「群馬の音楽イベント」というイメージが大きく広まっています。しかし実際には、これまで他県で開催されていた模様。

こちらについては、現在グローバルアークのサーバーダウンのため後日追記します。

 




「半分ギャグでした」不織布マスクNGのまとめ

「半分ギャグ」がTwitterのトレンド入りしていたため調べてみたところ、以上のようなことが分かりました。

現在の状況で、今回のようなことが起きてしまうのはなんだか悲しいですね。

不織布マスクが推奨されている中で、なぜこのような事態になってしまったのか…。関係者の中に反対する人はいなかったのかが疑問です。